« ベビーパウダー | トップページ | アンデスのカレーを求めて »

私のレーパン事情

夏もロングタイツ愛用の私。

昨年に購入した【SKINS】がくたびれてきたので、注文することにしました。

女性用はなかなか手に入りにくかったので、早めに注文です。

前回はいたときに、膝に近い内腿辺りの生地が薄くなっていて、ちょっとこれはまずいかなと。

着用回数はそんなに多くないはずなのに、どうしてかな?洗濯方法がいけない?

お値段yenが張るので、ちょっとつらいです。

ただ、夏に穿けるロングタイツは選択肢が少なくて、【SKINS】はパッドやウェスト部分のゴムも優秀なので、リピート買い。

よく見かけるニッカタイプのものは、裾ゴムの部分が肌に合わなくて蚯蚓腫れのようになった経験から、もう穿けません。

だから、夏でもロングタイツ愛用です。

次に狙っているのは、SKINSよりも少しリーズナブルで、評判も良さそうなコレ。

0140000000202

ETXEONDO:エチェオンド】のレディースタイツ。

探したときはすでに、メーカーも品切れ状態でしたbearing

とりあえず、冬用でパッドの使用感を試してみようかなぁ…と、物欲は永遠に続くのです。

ブログ村 女性サイクリストに参加しています。
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

|
|

« ベビーパウダー | トップページ | アンデスのカレーを求めて »

自転車」カテゴリの記事

コメント

女性サイクリストとしては、レーパンは重要アイテムですよね~。
私はパールイズミのロングタイツを使っていて、悪くは無いのですが、ウェストのひもの所在にいつも困っています。
サイクルスカート履くから、まぁいいのですが…。
パッド部分はパールのその1種類しか経験がないので、色々試してみたいです。

投稿: beans | 2010年8月 2日 (月) 06時57分

スキンズ…私も愛用してます~上だけですけどhappy02
スキンズで初のビブに挑戦しましたが…春のクラシュでダメにしてしまいました(>_<)
高いけど、スキンズのロングタイツ欲しいなぁ~heart04

最近、雑誌とか見てて…女性はスカートも併用した方がいいのかなぁ
なんて考え中です。別に恥ずかしくはないんだけど…周りからするとタイツだけって微妙なのかな!?

投稿: ハスキー | 2010年8月 2日 (月) 10時35分

beansさん、こんばんはnight

そうそう、私もパールイズミのロングタイツ(冬用)を持ってますが、あのウェストの紐はどんな意味を成すのかがよく分からなくて…。
それにしても、女性用のサイクルウェアは手に入りにくいのが難点です。

投稿: beta | 2010年8月 3日 (火) 21時54分

ハスキーさん、こんばんはnight

ビブタイツってどんな感じなんでしょう?
トイレに困りそうで、敬遠してますが…。
大きなヒップを隠すためにスカートを愛用している私です。
タイツだけの女性って、私から見ればカッコイイです♪

投稿: beta | 2010年8月 3日 (火) 22時01分

その通りです!
トイレには困ります…毎度上着を脱がなきゃなので、荷物だし面倒だしtoilet
ただ、ウエストの締め付けがないから楽って評判です。
が、とくに私はどうでもよかったかもgawk
しかも、サイズが合わないと肩が凝ったりしちゃいそうですよね。

投稿: ハスキー | 2010年8月 4日 (水) 10時02分

スキンズはビブなんですね~
たかっ‼
僕は寝る時にもスキンズ使いたいので普通のスキンズにレーパンにする予定ですがそういうのはなしなんでしょうか?

投稿: ニム | 2010年8月 4日 (水) 10時48分

ハスキーさん、こんばんは☆
やっぱりビブはトイレが大変なんですね。
みんなどうやってるんだろうかと謎でしたが、上着を脱ぐしかないですよね、そりゃそうだ。

投稿: beta | 2010年8月 4日 (水) 22時45分

ニムさん、はじめまして☆
SKINS、確かにお値段が張ります。
私も以前は、普通のSKINSにレーパンを重ねて穿いていましたし、同じような人もわりと見かけます。
ただ、私の場合はトイレ事情と洗濯物を減らすために、今の状況になりました。

投稿: beta | 2010年8月 4日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277132/35987819

この記事へのトラックバック一覧です: 私のレーパン事情:

« ベビーパウダー | トップページ | アンデスのカレーを求めて »